思いのほか厳しかった薄毛の現実に育毛を決意

祖父から父と薄毛の家系に生まれ、将来髪の毛が少なくなるだろうことは幼少期より何となく理解していたものの、楽観的なきらいのある私は前々から、ハゲたら髪を全て剃ってしまえばいいやという考え方を持っていました。

学生の頃、部活動で坊主姿を続けた経験もあったため、髪を剃るということにあまり頓着をせず、三十年近く生きてきたわけです。
二十代後半で抜け毛が気になり始めるというのは、そんな私をしても正直早いなと感じることでしたが、見る間に毛が抜ける量が増え、地肌がうっすらと透け始める頃には既に覚悟は決まっていました。そうして当初のもくろみ通り毛を剃った私に、上司が放ったのが、見た目が営業に向かないから髪の毛を至急のばせという一言です。
恥を忍んで薄毛の悩みをカミングアウトしても、気の毒だがスキンヘッドは認められないと言うばかりの上司に、私は泣く泣く従うしかありませんでした。一度リセットした所で、髪が生えてくる様子も当然なく、頭頂部の薄さを不審な仕草で隠しつつ、今は育毛剤を使用して育毛に励む毎日です。近々AGAの外来に行って、診察を受けて専門の治療薬でも処方してもらおうかなと考えていますが、それでも改善せず進む薄毛のことを想像すると、厳しい現実に涙が出ます。http://www.kiloger.com/