夏バテ防止のためには

夏バテは軽くみていると大変な目に合います。だからこそ日頃から予防することが大切とされています。

暑い夏、だからといってクーラーの中ばかりにいるのはよくありません。
朝、夕方の気温が下がる時間に外に出て、暑さに慣れる様にすることが大切です。

だからといって外にずっといる必要はありません。暑いと感じたらすぐに涼しいところに入りましょう。熱中症に気をつけることが大切です。

そして夏に欠かせないエアコン、この温度設定も大切です。
あまりにも低くしすぎて外気温度との差が大きいと自律神経が乱れてしまい、それこそ夏バテの原因にもなります。

睡眠、そして食生活も気をつけることが大切です。
夏は食欲がないのは誰でも同じです。だからといって、冷たいものばかり食べたり、飲んだりしていては栄養バランスも悪くなってしまいます。

バランス良い食事を心がけましょう。

また疲労がたまる免疫力が下がります。
過労は夏バテの原因にもなります。しっかりからだを休めることも大切です。

 

ナース人材バンクの評判ってどうなの?