無担保ローンってどういう意味か

ローンを組むときに、よく無担保ローンという言葉を聞きますが、この無担保ローンというのはどのような意味なのでしょうか?

住宅ローンなどを借りるときには、担保が必要になります。多くのケースでは住宅ローンの担保は、住宅ローンを借りて購入しようとしている住宅や土地で、万が一ローンの返済が滞ってしまった場合には、この住宅や土地を差し押さえられて、競売にかけて売却し、その売却して得た金銭を借り入れたお金の一部として支払うという仕組みになっています。

つまり、担保というのは借りたお金が返せない時に、金銭の代わりに差し出すものです。ですが、このような担保を用意する必要がないローンもあります。カードローンや少額のローンの場合には、担保がなくてもお金を借りることが出来ます。このようなローンを無担保ローンといいます。担保が無いという意味です。

ただ、無担保ローンは担保があるローンに比べると、返済してもらえない、返済できなかった時の保証がないために、リスクが高い融資ということで、担保があるローンよりも金利が高くなっているケースが多くなっています。このような点をよく考えてどのローンを選ぶのかを検討することがおすすめです。