遠くから見れば上手・・・かな?

そろそろ学年終わりの時期に差し掛かり、学校から様々なものを持ち帰ってくる小学生の息子。

たくさんの成果物がどっさりです。

中でも自慢は花丸続出の漢字書き取り練習帳。

花丸が連日続き、「漢字博士」と自称しています。

でも、よーく見てみると別に漢字自体が上手に書いてあるわけではありません。

下手なりに丁寧に書いたから「努力賞」をもらったという感じでしょうか。

それを伝えると、「でも遠くに離れて見たら上手に見えるよ」と。

なるほど、確かに遠く離れて広げた漢字ノートの字は上手に見えないこともありません。

というよりも、私の視力に問題があるような。

そして、習字も。

払いもハネもまったく基本を無視しています。

要は下手なのですが、「遠くから見たら上手に見えるから」と離れて見せてくれました。

まあ、見えないこともありません。

っていうか、そもそも上手に書けば近くから安心して見せられるんじゃないですか?

母は近くでじっくりとあなたの上手な字を堪能したいんですけどね。

あさシャキ サプリ